メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今年最後の公判を終えた被告のフオン(右下)とアイシャ(左上)=クアラルンプール郊外のシャー・アラムで11月30日

 11月30日午後3時40分、今年最後の公判を終えた被告のドアン・ティ・フオンとシティ・アイシャは裁判所庁舎の正面玄関から、武装した警察官に警護されて出てきた。終始うつむいた様子で表情は確認できない。

 フオンとアイシャには初公判(10月2日)で起訴内容の認否で証言台に立って以降、発言の機会はなかった。2人は法廷内で広さ2畳ほどの囲いの中に並んで座り、担当通訳に耳を傾ける。公判は現場検証なども含め、これまで計23日間開かれた。空港の職員や救急医、毒物学者、警察官、防犯カメラ映像の分析者など20人以上が証言台…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 米軍 世界のF35全機を飛行停止 米南部で墜落、検査
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. 米国 F22ステルス戦闘機 ハリケーンで損傷か
  5. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです