メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

大正から現代まで絵本の原画120点 来月31日まで、ちひろ美術館・東京

=ちひろ美術館・東京提供

 大正時代から現代までの絵本を紹介する「日本の絵本100年の歩み」が来年1月31日まで、ちひろ美術館・東京(東京都練馬区)で開催中だ。各時代を代表する絵本の原画など約120点が並び、多くの人を引きつけている。

 1910年代に子ども向け雑誌「子供之友」や「赤い鳥」が相次いで創刊され、芸術性の高い絵雑誌や絵本が生まれた。第二次世界大戦後、「子供たちに希望を与えよう」と多くの画家や出…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  3. 「戦争の世紀」研究 現代史と国際政治の視点から/25 ノモンハン事件 転機はらんだ限定戦
  4. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  5. 障害者雇用 「なめられた」 国の不正に怒りやあきれ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです