メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

サーフィン 米国育ち、五十嵐カノア 日本代表で五輪の波に 金メダルで普及目指す

2020年東京五輪のサーフィン日本代表を目指す五十嵐カノア=(C)Aaron Leiber提供

 米国・カリフォルニアで生まれ育ち日米両国籍を持つ20歳のプロサーファーが2020年東京五輪で日本代表としての出場を目指している。両親が日本人の五十嵐カノアは「家族や親戚みんなの前で出場したい。金メダルに向けた準備をしている」と気合十分だ。【村上正】

 「世界に通用するサーファーに育てたい」。トップアマだった父勉さんと母美佐子さんは第1子の誕生にそう思いを託し、サーフィンが盛んな米国で五十嵐を出産。ハワイで自由を意味するカノアと名付けた。

 家族で移住し、勉さんの指導を受けながら五十嵐は3歳からサーフボードに乗り始めた。めきめきと上達し、…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文702文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  2. ユーチューバー 玉石混交、過激動画も相次ぐ
  3. アメフット 日大の早期復帰求める 宮川選手が要望書提出
  4. 加賀市議会 名誉毀損、乾市議が辞職 「当然」市民怒りの声 /石川
  5. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです