メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

シニアPlus 車いすの適切な選び方は 介護保険利用、貸与が原則

 介護保険制度を利用して車いすなどの福祉用具を使うには、レンタル(貸与)が原則だ。利用者の体の状況や「要介護度」の変化に応じて、適切な福祉用具を提供できるようにするためだ。

 料金はレンタル業者によって、また車いすの種類によって異なるが、厚生労働省の「介護給付費等実態調査月報」(2016年4月)などによると、1カ月当たりの貸与費用は、平均約6300円。自己負担1割の利用者の場合、利用料は月630円程度となる。

 車いすには手動と電動があり、手動車いすには、利用者自身が腕などを使って操作する「自走用」と、介助者…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文560文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]