メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

シニアPlus 車いすの適切な選び方は 介護保険利用、貸与が原則

 介護保険制度を利用して車いすなどの福祉用具を使うには、レンタル(貸与)が原則だ。利用者の体の状況や「要介護度」の変化に応じて、適切な福祉用具を提供できるようにするためだ。

 料金はレンタル業者によって、また車いすの種類によって異なるが、厚生労働省の「介護給付費等実態調査月報」(2016年4月)などによると、1カ月当たりの貸与費用は、平均約6300円。自己負担1割の利用者の場合、利用料は月630円程度となる。

 車いすには手動と電動があり、手動車いすには、利用者自身が腕などを使って操作する「自走用」と、介助者…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文560文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです