メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

大阪・視覚障害者転落死 落ちないホーム、声かける勇気を

視覚障害のある女性が転落死した京都方面行きホームを歩く桂福点さん=大阪市東淀川区の阪急上新庄駅で2017年12月21日、三村政司撮影

全盲落語家・桂福点さん「利用客は意識高めて」

 大阪市東淀川区の阪急京都線上新庄駅で18日、視覚障害者の女性がホームから転落し、電車にはねられ死亡する事故が起きた。創作落語「落ちない噺(はなし)」で事故防止を訴える全盲の落語家、桂福点さん(49)は同区在住。この駅を約40年利用しており、ショックを受けた。駅近くには視覚障害の子どもたちが通う学校もある。「ホームに駅員がいれば」「他の利用客の助けがあれば」。福点さんは、ホームドアがない駅でも、周囲の意識次第で事故を減らせると考えている。

 「怖かったやろな。人ごととは思えない」。事故3日後の21日、上新庄駅上りホームの点字ブロックを白杖…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文645文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  2. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  3. RSウイルス感染症 流行始まる 乳幼児、早めに受診を
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 鍾乳洞 夏でも気温16度 ひんやり涼求め 北九州

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです