メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

大阪・視覚障害者転落死 落ちないホーム、声かける勇気を

視覚障害のある女性が転落死した京都方面行きホームを歩く桂福点さん=大阪市東淀川区の阪急上新庄駅で2017年12月21日、三村政司撮影

全盲落語家・桂福点さん「利用客は意識高めて」

 大阪市東淀川区の阪急京都線上新庄駅で18日、視覚障害者の女性がホームから転落し、電車にはねられ死亡する事故が起きた。創作落語「落ちない噺(はなし)」で事故防止を訴える全盲の落語家、桂福点さん(49)は同区在住。この駅を約40年利用しており、ショックを受けた。駅近くには視覚障害の子どもたちが通う学校もある。「ホームに駅員がいれば」「他の利用客の助けがあれば」。福点さんは、ホームドアがない駅でも、周囲の意識次第で事故を減らせると考えている。

 「怖かったやろな。人ごととは思えない」。事故3日後の21日、上新庄駅上りホームの点字ブロックを白杖…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文645文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]