メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

肥満は伝染する?=鴨志田公男

 太りすぎの友人が多いと、自分も太りすぎる可能性が高くなる。つまり、肥満は感染症と同じく、伝染する。

 本当なの?という人もいるだろう。でも、この話、今年のノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大のリチャード・セイラー教授が共著書「実践行動経済学」で紹介している立派な研究の一つなのだ。

 肥満の病原体があるわけではない。人は無意識に他人の行動をまねる性質があり、一緒に食事する人の食習慣に引きずられるからだという。

 では、なぜ、人間は他人の行動に同調してしまいがちなのか。行動経済学に詳しい大阪大の大竹文雄教授は、…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1099文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]