メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

肥満は伝染する?=鴨志田公男

 太りすぎの友人が多いと、自分も太りすぎる可能性が高くなる。つまり、肥満は感染症と同じく、伝染する。

 本当なの?という人もいるだろう。でも、この話、今年のノーベル経済学賞を受賞したシカゴ大のリチャード・セイラー教授が共著書「実践行動経済学」で紹介している立派な研究の一つなのだ。

 肥満の病原体があるわけではない。人は無意識に他人の行動をまねる性質があり、一緒に食事する人の食習慣に引きずられるからだという。

 では、なぜ、人間は他人の行動に同調してしまいがちなのか。行動経済学に詳しい大阪大の大竹文雄教授は、…

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1099文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです