メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成30年インタビュー

(6)薮内都さん 芸術と福祉を仕事に

障害者作業所で店舗のポリ袋を切り貼りしてカラフルなバッグを創る活動をしている藪内さん=大阪府岸和田市で、貝塚太一撮影

 平成時代が始まって今年で30年目を迎える。バブル景気の絶頂から崩壊、失われた20年、阪神大震災や東日本大震災など相次ぐ大きな災害--。激動の時代に育ち、新たなステージに向け飛躍を期す6人の若者に未来への抱負を語ってもらった。

 色とりどりのポリ袋を再利用したバッグが工房の窓際につるされ、日光を受けて柔らかく光る。ビニール片を切る、貼る、アイロンをかける。それぞれの工程を障害者が担い、一つの商品を作り上げる。薮内都さん(29)が代表を務める服飾雑貨ブランド「poRiff(ポリフ)」の仕事だ。大阪府内2カ所の障害者作業所を拠点とする。

 芸術と福祉を学んでいた大学生時代、実習で児童養護施設や保育園を訪れ、障害のある子供たちと関わる楽し…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 阪神大震災24年 石積みの「生」オブジェ灯る 宝塚市の武庫川中州で
  4. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです