メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

イスラエル、嘆きの壁近くの新駅を「トランプ駅」と命名へ

 12月27日、イスラエルのカッツ運輸・道路安全相は、エルサレム旧市街の嘆きの壁近くに建設が検討されている地下鉄駅を、トランプ米大統領にちなんで命名したいとの方針を明らかにした。大統領がエルサレムを首都と認定したことへの謝意を表明するためという。写真は10日撮影の旧市街のようす(2017年 ロイター/Ammar Awad)

 [エルサレム 27日 ロイター] - イスラエルのカッツ運輸・道路安全相は27日、エルサレム旧市街の嘆きの壁近くに建設が検討されている地下鉄駅を、トランプ米大統領にちなんで命名したいとの方針を明らかにした。6日に大統領がエルサレムを首都と認定したことへの謝意を表明するためという。

     同相は「エルサレムをイスラエルの首都と認定した勇気ある歴史的決断により、嘆きの壁近くの駅をトランプ米大統領にちなんで命名すると決定した」と発表した。

     この駅は、テルアビブとエルサレムを結ぶ高速鉄道の延伸計画の一環で建設が検討されているが、まだ計画段階で、運輸・道路安全省の広報担当者は、他の省庁の承認が必要としている。

     建設候補地は、パレスチナが将来の独立国家の首都を置きたいとしている地域のど真ん中に位置する。このため、パレスチナ側の指導者から、命名決定に対し即座に批判が噴出した。

     パレスチナ解放機構(PLO)のワセル・アブ・ユセフ氏はロイターに「イスラエルの過激派政府が、エルサレムで既成事実を作り上げようと急いでいる」と述べた。

     *カテゴリーを追加します。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
    2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
    4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
    5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです