メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

「核抑止」否定への転換=西川恵

 <kin-gon>

 来年、バチカン(ローマ法王庁)のフランシスコ法王が日本を公式に訪れるのではないか。法王の訪日の最大の目的は、広島、長崎から世界に向けて「核廃絶の訴え」をすることにあり、昨今の法王の言動を見ていると機は熟しているように思う。

 バチカンは先月上旬、「核なき世界」について議論する国際シンポジウムを開いたが、注目されたのはフランシスコ法王の演説だった。「核兵器の保有は断固として非難されるべきだ」と指摘し、誤解による核攻撃、核の偶発的な事故、核がテロリストの手に渡った時などに世界が被る惨事のリスクを挙げた。

 また「核保有が間違った安全保障観を作り出している」と、核を持っていれば相手の攻撃を抑止できるとの核…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1016文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです