メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

ドイツ社民党、戦後最低の得票率 欧州中道左派、衰退の危機=中西啓介(ベルリン支局)

総選挙で欧州連合(EU)による統合推進や反排外主義を訴える社会民主党のシュルツ党首=ドイツ東部ブランデンブルク州ポツダムで9月15日、中西啓介撮影

 9月に投開票されたドイツ連邦議会(下院)総選挙で、欧州を代表する中道左派の社会民主党は国政第2党の地位には踏みとどまったものの、戦後最低の得票率(20・5%)に沈んだ。メルケル首相が率いる中道右派のキリスト教民主・社会同盟とともにドイツ政治の安定を担ってきた「国民政党」としての地位が危ぶまれている。

 トランプ米大統領の就任前後から、世界に「自国第一」で分断をいとわない右派ポピュリズム(大衆迎合主義…

この記事は有料記事です。

残り1820文字(全文2021文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]