メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

各国からの参加者を前に、グローバルデータベース構築の進捗(しんちょく)状況を発表する研究者ら=仙台市青葉区で11月28日

 世界各地で発生した地震や津波などの自然災害のデータや、災害に伴う経済的損失などのデータを統一基準でまとめる「グローバルデータベース(GDB)」の構築が進んでいる。東北大が中心となり、各国から集めたデータを分析し、その情報を基に国連機関が政策立案の助言などを行うことで防災行政能力の向上を目指す。ビッグデータを活用した世界初の試みに熱い視線が注がれている。

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1336文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 札幌で史上最も遅い初雪観測 平年より23日遅く 
  2. 散弾銃事故 サル駆除で誤射、男性死亡 千葉・鴨川の山林
  3. シカ猟 荷台に置いた猟銃暴発、助手席の男性死亡…岩手
  4. 自主回収 ドッキリ刃物、本物の刃 けが報告なし ダイソー
  5. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです