メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

各国からの参加者を前に、グローバルデータベース構築の進捗(しんちょく)状況を発表する研究者ら=仙台市青葉区で11月28日

 世界各地で発生した地震や津波などの自然災害のデータや、災害に伴う経済的損失などのデータを統一基準でまとめる「グローバルデータベース(GDB)」の構築が進んでいる。東北大が中心となり、各国から集めたデータを分析し、その情報を基に国連機関が政策立案の助言などを行うことで防災行政能力の向上を目指す。ビッグデータを活用した世界初の試みに熱い視線が注がれている。

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1336文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  2. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]