メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

がん……家族を支える/下 「お世話され上手」になって

静岡県立静岡がんセンターで患者の話を聞く患者家族支援センターの本山清美看護師長。センターでは初診の段階から、通院にかかる時間や患者を支える家族の有無など丁寧な聞き取りをする=静岡県長泉町で

 ●要介護の母が心配

 「私の入院中に母が暴れたら、と思うと夜も眠れず、治療など考えられなかった」。静岡県沼津市のKさん(66)は母(91)、夫(69)、長女(40)夫婦、三女(32)の6人暮らし。娘たちは会社勤めで平日は忙しく、夫は脳出血の後遺症で視力が落ち、自分のことをするのがやっと。きょうだいはいない。4年前から認知症になった母の介護はほぼ1人で担っていた。

 2015年夏に(症状の進行度合いを示す)ステージ1の乳がんと診断され、静岡県立静岡がんセンター(長…

この記事は有料記事です。

残り2099文字(全文2331文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]