メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

高潔性、更なる自覚を=鈴木大地

 2017年もスポーツシーンで若手が躍進した。特筆すべきなのは、陸上男子100メートルで日本勢初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀(東洋大)だ。人類が初めて「10秒の壁」を突破したのは1968年。体格で陸上短距離は不向きだと言われていた日本人だが、半世紀をかけてようやく追いついた。

 バドミントンでは、奥原希望(日本ユニシス)が世界選手権女子シングルスを制覇。卓球でも張本智和(エリートアカデミー)がワールドツアー大会で14歳61日の史上最年少優勝を果たした。彼らに共通するのは意識の高さだが、20年東京五輪をよい目標にしながら、モチベーションを維持している。

 さらに、日本勢がメダルを量産してきた水泳、体操、柔道、レスリングのいわゆる「御四家」以外から有望選…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文882文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです