メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

高潔性、更なる自覚を=鈴木大地

 2017年もスポーツシーンで若手が躍進した。特筆すべきなのは、陸上男子100メートルで日本勢初の9秒台となる9秒98をマークした桐生祥秀(東洋大)だ。人類が初めて「10秒の壁」を突破したのは1968年。体格で陸上短距離は不向きだと言われていた日本人だが、半世紀をかけてようやく追いついた。

 バドミントンでは、奥原希望(日本ユニシス)が世界選手権女子シングルスを制覇。卓球でも張本智和(エリートアカデミー)がワールドツアー大会で14歳61日の史上最年少優勝を果たした。彼らに共通するのは意識の高さだが、20年東京五輪をよい目標にしながら、モチベーションを維持している。

 さらに、日本勢がメダルを量産してきた水泳、体操、柔道、レスリングのいわゆる「御四家」以外から有望選…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文882文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川・茅ケ崎 90歳運転、6人はねる 女性1人死亡
  2. 参院予算委 首相、昭恵氏の影響否定 集中審議
  3. ORICON NEWS 木村拓哉&工藤静香の次女・Kokiがモデルデビュー 『ELLE JAPON』表紙飾る
  4. 東京駅 「銀の鈴」50周年 歴代の鈴が一堂に
  5. 森友問題 理財局、口裏合わせ要請認める ごみ撤去巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]