メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

元日馬略式起訴 処罰感情、慎重に見極め 示談の可能性低く

 元横綱・日馬富士による貴ノ岩関への傷害事件で、検察は元横綱を略式起訴した。力士のトップが引き起こし、角界を揺るがせた不祥事。来年1月に初場所が控える中、検察は示談の可能性など貴ノ岩関の処罰感情を見極めた上で年内処分を決めたとみられる。

 貴ノ岩関の師匠・貴乃花親方から鳥取県警に被害届が出されたのは10月29日。県警は元横綱に任意聴取し、白鵬関、鶴竜関ら同席者全員に話を聴くなどして暴行の状況や動機などを確認。今月11日、起訴を求める「厳重処分」の意見を付けて書類送検した。

 元横綱は事情聴取に暴行を認めており、考えられた刑事処分は、正式裁判を求める起訴▽公判を経ず罰金刑を…

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文848文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  4. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]