メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

新年のお屠蘇お忘れなく 習わしに触れ健康再確認 中国ルーツの予防医学、血行促し胃腸の働き補助

お銚子と平らな引盃があればお屠蘇はいただける。盃台やお盆もあれば本格的だが、家にある道具でも少し工夫すればお正月らしい雰囲気に=大阪市北区で、花澤茂人撮影

 新年を祝う食卓に欠かせない飲み物といえば、お屠蘇(とそ)。「お屠蘇気分」など言葉はよく耳にするが、どんなものか理解し、実際に口にしている人は少数派になりつつあるようだ。由来や楽しみ方を知った上で新年を迎えたい。専門家に教えてもらった。【花澤茂人】

生薬浸したお酒

 お屠蘇は、いくつかの漢方の生薬を刻んで組み合わせ、布などで包んだ「屠蘇散」を一晩ほど浸したお酒のこと。飲みやすくするため、酒の代わりに本みりんを使ったり、混ぜたりする場合もある。

 大阪漢方医学振興財団の理事長で医師の中本かよさん(55)によると、使われる生薬は諸説あるが、山椒(…

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1911文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  4. 北陸線事故 死亡・重体は幼い兄弟 ホーム下で遊ぶ
  5. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]