メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

ICAN平和賞 広島の授賞式イベント、被爆者らの声 未来のため今行動を /広島

原爆ドーム前の集会に参加した二川一彦さん(左)、岡田恵美子さん=広島市中区で、山田尚弘撮影

 広島の被爆者とともに核兵器廃絶を訴えてきた国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」にノーベル平和賞が授与されたことは、広島の被爆者らの長年の活動が世界に認められたことの証しでもあった。広島市内で授賞式に合わせてあったイベントに参加した被爆者や若い世代の言葉を紹介する。【山田尚弘】

2015年にノーベル平和賞授賞式の会場に招待された被爆者の岡田恵美子さん(80)

 世界中のヒバクシャへの受賞と言ってもいい。それぞれの国が自国の被害者に目を向けるきっかけになることを願う。とはいえ、核保有国の大使は授賞式に参加しなかった。若者が多いICANの受賞を機に、日本でも若い人がどう行動してくれるのか期待もしている。

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文812文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石塚運昇さん 食道がんのため68歳で死去 「ポケモン」ナレーション 「ジョジョ」ジョセフなど
  2. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  3. ORICON NEWS 石塚運昇さん訃報「ポケモン」関係者から悲しみの声 業界の垣根を越えて
  4. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑
  5. 富田林署逃走 ひったくり犯の映像を入手 樋田容疑者か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです