メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

株価展望

「来年末に2万7000円」 大和証券グループ本社社長

 日経平均株価が一時2万3000円台を記録するなど、バブル後の最高値にわいた2017年の株式市場。大和証券グループ本社の中田誠司社長に、今後の展望を聞いた。【聞き手・横山三加子】

 --今年の株式市場は好調でした。

 ◆25年11カ月ぶりの高値更新などマーケットの世界で大きなパラダイムチェンジ(劇的な変化)があった年だ。株価は本来、マクロ経済を表す指標ではなく、企業業績の堅調さを表すもの。日本企業が構造改革などを通じて稼ぐ力を取り戻したということだ。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文715文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです