メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

店頭に並ぶ大人向けの粉ミルク=東京都新宿区の龍生堂薬局東新宿店で

 粉ミルクといえば赤ちゃんが飲むのが一般的だが、不足しがちな栄養素を補うため大人向けの商品が出ている。シニア世代を中心に売れ行きは好調といい、メーカーは増産に乗り出すなどしている。高齢化が進む中、健康志向の高まりが背景にあるとみられている。

 ●消費者の声、参考に

 今月11日、東京都新宿区の龍生堂薬局東新宿店。大人向けの粉ミルクが目立つように並んでいた。「買っていくのは、ほとんどが中年以上の女性。当初に予想したよりも売れている」。薬剤師の大島章弘・店次長(43)はこう話し、「あくまでも栄養補給。普段の食生活で取り切れない部分が少し強化されている」と商品を説明した。

 大人向けの粉ミルクは各社が販売に乗り出している。雪印ビーンスターク(東京)は9月、「プラチナミルク…

この記事は有料記事です。

残り1441文字(全文1775文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  2. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]