メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わたしは思う

座間殺害事件 危険察知能力の育成を 社会思想家、神戸女学院大名誉教授・内田樹さん

 事件の動機が分からない。既知のパターンに当てはめて説明することは難しいだろう。

 自分が手にかけた遺体が置かれている空間で、普段通り寝起きできるという人の感受性はかなり特殊なものだ。死体が出たら葬礼を営んで、生活空間から隔離するのは人間しかしない。だから、葬礼は人間が人間であるための重要な条件の一つだ。それをしないで済ませられる人間の登場は、社会の内部要因では説明できない。

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のせいだとか、家庭や教育や雇用の環境のせいだとかい…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文578文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです