メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

年越しそば×下町 涙もすすった青春時代

イラスト 佐々木 悟郎

 荒川と隅田川に挟まれ、「島」と呼ばれる町に小さなそば屋がある。1年も残りわずかになった昼下がり。かつて島の職人だった倉田敏夫さん(77)が少し早い年越しそばを注文した。

 ひしめき合っていた中小の工場や鍛冶屋は減り、働く男たちの姿は少なくなった。だがこの店のそばを食べると、貧しい境遇に泣いた若い頃を思い出す。

 東京都足立区で7人きょうだいの長男に生まれた。終戦直後の生活は苦しく、「働け」という父の一言で中学…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文956文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  4. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警
  5. 愛媛県文書 安倍首相内容否定に中村知事「そうですか…」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]