メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

年越しそば×下町 涙もすすった青春時代

イラスト 佐々木 悟郎

 荒川と隅田川に挟まれ、「島」と呼ばれる町に小さなそば屋がある。1年も残りわずかになった昼下がり。かつて島の職人だった倉田敏夫さん(77)が少し早い年越しそばを注文した。

 ひしめき合っていた中小の工場や鍛冶屋は減り、働く男たちの姿は少なくなった。だがこの店のそばを食べると、貧しい境遇に泣いた若い頃を思い出す。

 東京都足立区で7人きょうだいの長男に生まれた。終戦直後の生活は苦しく、「働け」という父の一言で中学…

この記事は有料記事です。

残り751文字(全文956文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 金足農サヨナラ2ランスクイズ 近江を降す
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 神谷明、29日の巨人×広島戦で場内アナウンス「冴羽リョウとして盛り上げる」
  4. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです