メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たまてばこ

オーロラいくっ隊!

 福岡市南区の平畑貴志さん(43)は来年2月、念願のオーロラを見に、アイスランドへ8泊10日の旅に出る。20代で全身に運動障害などが出る脊髄(せきずい)小脳変性症を発症。今では自力歩行も難しいが、頼もしい仲間たちが初の海外旅行を支える。一行の名は「たかしとオーロラいくっ隊!」だ。

 発声が困難になった貴志さんは数年前から、会話用の専用文字盤を使って「オーロラを見に行きたい」と周りに伝えていた。2015年冬、病状が進行して誤嚥(ごえん)性肺炎を起こし、入院を余儀なくされた。家族や支援者らが集まって今後について話し合った時、貴志さんは、認定NPO法人「ニコ…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文696文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです