メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たまてばこ

オーロラいくっ隊!

 福岡市南区の平畑貴志さん(43)は来年2月、念願のオーロラを見に、アイスランドへ8泊10日の旅に出る。20代で全身に運動障害などが出る脊髄(せきずい)小脳変性症を発症。今では自力歩行も難しいが、頼もしい仲間たちが初の海外旅行を支える。一行の名は「たかしとオーロラいくっ隊!」だ。

 発声が困難になった貴志さんは数年前から、会話用の専用文字盤を使って「オーロラを見に行きたい」と周りに伝えていた。2015年冬、病状が進行して誤嚥(ごえん)性肺炎を起こし、入院を余儀なくされた。家族や支援者らが集まって今後について話し合った時、貴志さんは、認定NPO法人「ニコ…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文696文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ、空き家1000軒、果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]