メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/1(その1) AIが面接官 就活学生「公平、細やか」

 テーブルの中央にスマートフォンが置かれている。「学生時代に最も力を入れたことは何ですか」。音声に合わせ、画面に質問が浮かぶ。手を膝の上で組んだ大学生が身をかがめながら近付く。「ゼミで地方創生の課題に取り組みました」

 「結果は?」「得られたことは何ですか」。答えによって追加の質問の内容は変わる。その判断は人工知能(AI)が担う。問いは100を超え、応答は1時間半に及んだ。

 今月半ば、東京や関西で開かれた「AI面接体験会」。就職情報会社エン・ジャパン(東京)が企画し、大学…

この記事は有料記事です。

残り1212文字(全文1449文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]