メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産ゴーン前会長ら起訴 役員報酬虚偽記載で
質問なるほドリ

正月はなぜお節? 年神様へのお供え 「福重なる」よう重箱に詰め=回答・川畑さおり

 なるほドリ 正月といえばお節料理(せちりょうり)だけど、どうして正月に食べるのかな?

 記者 正月は五穀豊穣(ごこくほうじょう)の神である年神様(としがみさま)を家にお迎えする行事で、お節は年神様にお供(そな)えする料理。お節を食べて家族の健康と幸せを祈るのです。もともとは5月の端午(たんご)の節句(せっく)や7月の七夕(たなばた)など「五節句(ごせっく)」に神様にお供えしていた料理のことでしたが、1年の最初の節句である正月の料理を指すようになりました。両端が細い「祝(いわ)い箸(ばし)」で食べるのは、片方(かたほう)を私たちが、もう片方を年神様が使うためです。

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名あおり運転、被告に懲役23年求刑 遺族「苦しみ味わって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです