メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場報告・トランプと世界

脱「石炭火力」揺れる豪 再生エネで町発展、電気代高騰に悲鳴

 「再生可能エネルギーが町の新しい雇用を生み出している。石炭火力で米国を後戻りさせようとしているトランプ大統領にも知ってほしい」。オーストラリア南部ポートオーガスタ市のリサ・ラムズデン市議(39)は力を込めた。

 基幹産業だった石炭火力発電所が昨年、老朽化や二酸化炭素排出削減のために閉鎖された人口約1万4000人の同市は今、乾燥した広大な土地を生かした自然エネルギー開発に生き残りを懸ける。

 同市の南約90キロにあるホーンズデール風力発電所。敷地は山手線の内側よりも大きく、巨大な風車がいく…

この記事は有料記事です。

残り2256文字(全文2501文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]