メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米原子力空母

入港「エンプラ闘争」来月50年 ベトナムから北朝鮮へ 続く長崎・佐世保「前線化」

 米海軍の原子力空母「エンタープライズ」が長崎県佐世保市の佐世保港に入港して来月で50年になる。当時は原子力空母の国内初入港で、抗議する学生たちと機動隊が激しく衝突した。北朝鮮情勢の緊張が高まる中、佐世保は米海軍の前線基地として重要性を増す。「エンプラ闘争」から半世紀。反戦を訴える佐世保でのデモは続いており、来月で600回を数える。【浅野孝仁】

 エンタープライズは1961年に就役した世界初の原子力空母。ベトナム戦争では艦載機が北爆に加わり、佐…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文902文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです