メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ORICON NEWS

欅坂46鈴本美愉、ステージ上で倒れる

情報提供:ORICON NEWS

欅坂46・鈴本美愉 (C)ORICON NewS inc.
■『第68回NHK紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 欅坂46が総合司会の内村光良と「不協和音」をコラボした企画で、メンバーの鈴本美愉が歌唱後、ステージ上で後ろに倒れ込む姿が放送された。

【写真】鈴本が倒れた「不協和音」終盤の三角形のフォーメーション

 後半トップバッターで登場した欅坂46の出番では共演せず、内村は「こんなおっさんが紛れ込んじゃだめだよ。一緒に踊るのは夢としてとっておきます」と話したが、その約27分後、企画コーナーで共演が実現した。

 消耗の激しい楽曲とあり、パフォーマンス中にセンター平手友梨奈がふらつく場面も。内村が踊りながら「大丈夫?」と話しかけ、平手がうなずく一幕もあった。

 「不協和音」は最後に、欅坂46のロゴマークの三角形のフォーメーションを作るが、その中で鈴本が後ろに倒れ込んだ。平手は最後のポーズで手が小刻みに痙攣しており、SNSでは鈴本と平手の体調を心配する声であふれている。

情報提供:ORICON NEWS

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レジオネラ菌 3人感染、1人が死亡 加湿器から広がる 国東の施設 /大分
  2. 気象庁 週明けに都心も大雪警戒 低気圧通過、強い寒気
  3. 殺人未遂 女子高校生ナイフで刺す、中学生逮捕 鹿児島
  4. 鹿児島の公園 刺された女子高生「振り向きざま後ろから」
  5. 記者の目 仙台の父親刺殺、懲役11年判決 深刻な面前DV、調査急げ=坂根真理(生活報道部)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]