メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018(その3止) 半世紀前、動乱の1年 世界の転換、予感させた 山内・明治大特任教授

=中村藍撮影

 68年の現代史における意味を歴史学者の山内昌之・明治大特任教授に聞いた。【聞き手・高木香奈】

 68年は、約20年後の冷戦終結やソ連解体を経て世界が大変動することを予想させる節目となった年だ。第二次大戦終結からも約20年で、20年ほどのサイクルで歴史が変わるような出来事が起きている。

 私は当時大学生で、68年は自分が現代史として体験した時代だ。日本はまだ、国際的には十分に存在感を発揮していなかったが、平和と高度成長により独自の歩みを始めていた。

 当時はベトナム戦争の真っ最中。ケネディ政権を継いだジョンソン政権も解決しきれず、北爆停止を宣言した…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです