メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018(その1) 第1部・プラハの春/上 自由夢見た改革運動 ソ連が侵攻、突然の終わり

「プラハの春」について語るペトル・ヤン・パヤスさん=プラハで昨年11月21日、三木幸治撮影

 2018年の幕が開いた。半世紀前の1968年は激動の年だった。「歴史の転換点だった」と言える事件や政変、紛争などが立て続けに起きた。今年の国際面では1年を通じて68年に着目し、「今」に及ぼす影響を探る。第1部は、東西冷戦下のチェコスロバキア(当時)で起きた社会主義の改革運動「プラハの春」を取り上げる。

 「人生で初めて政治や社会について自由に討論ができるようになった。誰もが人生の喜びを取り戻した」

この記事は有料記事です。

残り1886文字(全文2086文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです