メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

政権なしで越年 メルケル首相、大連立継続に望み

 【ベルリン中西啓介】ドイツでは昨年9月の独連邦議会(下院)総選挙から新政権が発足しない異常事態が続き、政権樹立に要する期間が戦後最長になった。メルケル首相は国政第2党・社会民主党との大連立政権継続に望みを託し、年明けから交渉を進める方針だ。世論調査ではメルケル氏の早期退任を望む声が高まるなど、求心力が低下し始めている。

 総選挙後、メルケル氏の最大会派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)は社民党のシュルツ党首が大…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文740文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 衆院内閣委 片山さつき氏、看板の条例違反認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです