メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

干支に猫年なぜないの? 昔話では「ネズミのせい」 発祥の中国では身近でなく=回答・棚部秀行

気持ちよさそうに眠る猫

 なるほドリ 戌(いぬ)年が始まったね。犬の年があるのにどうして猫の年はないんだろう?

 記者 ある昔話では、神様が元日に動物を集めたとき、ネズミが猫に間違った日付(1月2日)を教えたのが原因といわれています。猫は間に合わず、12の干支(えと)の動物に入ることができなかったというわけです。ネズミは乗ってきた牛の背から神様の直前で飛び降り1着。以降順に全12の動物たちが名を連ねました。翌日到着した猫は、怒ってその後もネズミを追いかけ回している、というお話になっています。

 Q そもそも動物の干支はいつごろから使われているの?

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文830文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  4. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ
  5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]