メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

両陛下の歌を公表 2日、皇居で新年一般参賀 

新年を迎えられる天皇ご一家=御所・応接室で、宮内庁提供

 宮内庁は1日、天皇、皇后両陛下が2017年詠まれた歌のうち、陛下の5首と皇后さまの3首を公表した。

 陛下は2~3月にベトナムを公式訪問した感想や、9月に愛媛県であった国民体育大会総合開会式での選手団入場の光景などを詠んだ。皇后さまは11月に陛下とともに鹿児島県の離島3島を巡り、島民と交流した思い出などを詠んだ。

 両陛下は2日、皇族方とともに皇居で新年一般参賀に臨む。【高島博之】

 <天皇陛下>

 第六十八回全国植樹祭

無花粉のたてやますぎを植ゑにけり患ふ人のなきを願ひて

 第七十二回国民体育大会開会式

会場の緑の芝生色映えてえひめ国体の選手入り来る

 第三十七回全国豊かな海づくり大会

くろあはびあさりの稚貝(ちがひ)手渡しぬ漁(すなど)る人の上思ひつつ

 ベトナム国訪問

戦(いくさ)の日々人らはいかに過ごせしか思ひつつ訪(と)ふベトナムの国

 タイ国前国王弔問

亡き君のみたまの前に座りつつ睦(むつ)びし日々を思ひ出でけり

 <皇后さま>

 旅

「父の国」と日本(につぽん)を語る人ら住む遠きベトナムを訪(おとな)ひ来たり

 名

野蒜(のびる)とふ愛(いと)しき地名あるを知る被災地なるを深く覚えむ

 南の島々

遠く来て島人(しまびと)と共に過ごしたる三日(みつか)ありしを君と愛(かな)しむ

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府 年金開始、70歳超も選択肢
  2. 座間事件 神奈川県警で集団自殺疑う声 女子高生2人不明
  3. 漆黒を照らす /52 北朝鮮の人々に冷たい日本 独裁政権と民衆は別 /大阪
  4. ICAN フィン氏「ここが被爆者が飛び込んだ川ですか」
  5. 山陽新幹線 異音で姫路駅で臨時停車 新大阪で代替列車に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]