メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

旭化成 一回り強くなった連覇

優勝し、選手に胴上げされる旭化成の西政幸監督(中央)=前橋市で2018年1月1日、渡部直樹撮影

 18年ぶりに頂点に立った昨年の優勝メンバーが一回り強くなった旭化成が連覇を果たした。2区でケニア出身のキプヤティチがトップに立ち、以降は先頭を譲らない完勝。西政幸監督は「選手一人一人が攻めの走りができた」と胸を張った。

 要所で締めたのが成長著しい25歳の双子、市田兄弟だった。3区の兄・孝は6秒差でたすきを受けながら32秒差にリードを広げ、6区の弟・宏は14秒差から1分3秒差と突き放した。地道に長い距離を走り込むことを好み、スタミナに自信がある。まったく姿勢が崩れない体の強さと、前だけを見つめる冷静さで、2人とも2年連続区間賞を獲得した。

 2人にとって創部以来初の外国人選手となったキプヤティチが昨春に加入したことは刺激となった。練習で走…

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1267文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  2. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  3. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  4. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集
  5. 夏の高校野球 金足農、東北の夢担う 白河越え挑戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです