メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

SUBARU健闘22位 後半巻き返し、底力に手応え /群馬

22位でフィニッシュするSUBARUの牧良輔選手(右)=前橋市の県庁前で1日、小川昌宏撮影

 元日の「ニューイヤー駅伝2018inぐんま」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)で、県勢のSUBARUは昨年の31位を上回る22位でフィニッシュした。中盤で32位まで順位を落としたが、後半で若手選手を中心に巻き返した。奥谷亘監督は「納得できる順位ではないが、底力を見せた。若い選手の中でベテランを押しのける選手が出つつある」と手応えをつかんでいた。【神内亜実、山本有紀】

 18年連続出場となるSUBARUは今年、新人2選手を起用。過去最低だった昨年の31位から脱却したが…

この記事は有料記事です。

残り1423文字(全文1666文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR 春日駅ホームで点字誤表示 点字図書館の最寄り駅
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. アップル 「iPhone」 XSと最上位機種Max発売
  4. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  5. ORICON NEWS えなりかずき、北川景子と夫婦役で初共演 結婚式写真は「家宝に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです