メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

SUBARU健闘22位 後半巻き返し、底力に手応え /群馬

22位でフィニッシュするSUBARUの牧良輔選手(右)=前橋市の県庁前で1日、小川昌宏撮影

 元日の「ニューイヤー駅伝2018inぐんま」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など共催)で、県勢のSUBARUは昨年の31位を上回る22位でフィニッシュした。中盤で32位まで順位を落としたが、後半で若手選手を中心に巻き返した。奥谷亘監督は「納得できる順位ではないが、底力を見せた。若い選手の中でベテランを押しのける選手が出つつある」と手応えをつかんでいた。【神内亜実、山本有紀】

 18年連続出場となるSUBARUは今年、新人2選手を起用。過去最低だった昨年の31位から脱却したが…

この記事は有料記事です。

残り1423文字(全文1666文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. 日露首脳会談 北方領土を非軍事化 安倍首相が提案
  5. ふるさと納税 過度な返礼品大幅減 来年度から制度外に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです