メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/3(その1) 我が子に創造力を 「使われる未来」へ不安

創造性を重視する学習塾「ステモン」では、子供たちが自由にブロックを組み立てていた=東京都杉並区で、竹内紀臣撮影

 小学校2~3年生の児童4人が競うようにブロックを組み立てていた。教師役のスタッフが「遊園地にある好きな乗り物を作ってみよう」と声をかけた。1時間ほどで椅子が回転する「乗り物」などができあがった。どれも、事前に教わった歯車や滑車のような仕組みが取り入れてあった。東京都杉並区にある「ステモン」は、理数・テクノロジー系の「STEM」教育をうたう学習塾だ。

 労働人口が減少していく日本では人工知能(AI)が生産性の向上に役立つと期待されるが、人の仕事を奪う…

この記事は有料記事です。

残り960文字(全文1186文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  3. 東京メトロ 男性が切りつけられ負傷 南砂町駅
  4. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  5. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]