メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/3(その1) 我が子に創造力を 「使われる未来」へ不安

創造性を重視する学習塾「ステモン」では、子供たちが自由にブロックを組み立てていた=東京都杉並区で、竹内紀臣撮影

 小学校2~3年生の児童4人が競うようにブロックを組み立てていた。教師役のスタッフが「遊園地にある好きな乗り物を作ってみよう」と声をかけた。1時間ほどで椅子が回転する「乗り物」などができあがった。どれも、事前に教わった歯車や滑車のような仕組みが取り入れてあった。東京都杉並区にある「ステモン」は、理数・テクノロジー系の「STEM」教育をうたう学習塾だ。

 労働人口が減少していく日本では人工知能(AI)が生産性の向上に役立つと期待されるが、人の仕事を奪う…

この記事は有料記事です。

残り960文字(全文1186文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです