メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

北朝鮮、米韓分断狙う 時間稼ぎの見方も

 国政方針演説「新年の辞」で1日、対米強硬姿勢と韓国への接近の硬軟両様の姿勢を示した北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長。その思惑と、韓国の受け止めや米国、中国の対応を探った。

 「わが国の国家核武力は米国のいかなる核の脅威も粉砕し対応できる強力な抑止力だ」。金氏は「新年の辞」で米国に「核の威嚇」を行った。これとは対照的に、韓国に向けては「凍結状態にある北南関係を改善し、民族史に特筆すべき重大な年として輝かせなければならない」と対話の用意を示した。こうした発言の思惑について、韓国や米国の専門家、メディアなどは、米韓関係にくさびを打ち込んで距離を置かせつつ、最終的には米国との直接対話で体制保証を取り付けるための手段との見方が出ている。

 韓国・明知大学の尹洪錫(ユンホンソク)客員教授(北朝鮮政治・社会)は、核・ミサイル開発に対する国際…

この記事は有料記事です。

残り1736文字(全文2111文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです