メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外悪質タックルは監督の指示、「やらなければ後ないと思った」
この50年の世界

1968~2018 第1部・プラハの春/中 「政治家、良心ない」 旧支配層、はびこる汚職

インタビューに応えるパボル・ドプチェクさん=ブラチスラバで2017年12月13日

 「階段を上るのは難しいが、下りるのは一瞬だ」

 1968年のソ連軍事侵攻後、ソ連の圧力で改革を「中止」せざるを得なかったチェコスロバキアのアレクサンデル・ドプチェク共産党第1書記は、長男パボル・ドプチェクさん(69)に、無念そうにこうつぶやいた。

 ドプチェク氏が目指したのは社会主義を維持したうえでの改革だったが、ソ連には「プラハの春」の動きが「反社会主義」運動に映った。ドプチェク氏は翌69年、党第1書記を解任される。その後は林業に関連する機械工として、隠とん生活を長年余儀なくされた。数十人の秘密警察員に日夜監視され、趣味の釣りも禁止された。子供への影響を心配し、政治のことはパボルさんにほとんど語らなかったという。

 パボルさんは父の勧めを受け「生きていくために」医者の道を選んだ。だが、「ドプチェクの息子」であるた…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1239文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院委 過労死、自己責任になる仕組み…遺族が高プロ批判
  2. 愛媛県文書 「正直に書いている」県幹部、首相否定に
  3. 福岡県教委 中3女子を買春 男性教諭を免職処分
  4. 強制わいせつ容疑 26歳消防士を逮捕 山梨県警
  5. 大阪 保育園に車突入 運転の69歳男性死亡 園児は不在

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]