メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

AIと生きる/3(その2止) 通訳、銀行…先細る職域 新たな分野、夢つかむ

テックエキスパートの受講者は1年で3倍に増えた。通訳を目指していた大木彩さんは昨年、ここに連日通って新たなスキルを身につけ、エンジニアに転身した=東京都渋谷区で、小出洋平撮影

 

 会話の内容が分からない。プログラミング教室の初日、教室で買ったばかりの米アップル製ノートパソコンの電源を入れた大木彩さん(26)の周りで、1カ月早く入学した受講生らが教師に質問を重ねていた。でも、すぐに追いつけるはずだ。昨年5月、東京・渋谷の「テックエキスパート」。少し前まで英語の通訳を目指していた大木さんは、エンジニアを目指して新たな道を歩み始めた。

 京都大学在学中にスコットランドに留学し、好きな英語を使った仕事をしたいと思うようになった。卒業後、…

この記事は有料記事です。

残り1693文字(全文1923文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]