メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

旭化成連覇、黄金期再び 23回目V

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、群馬県共催)は1日、前橋市の群馬県庁を発着点とする7区間100・0キロのコースで行われ、旭化成が4時間52分18秒で2年連続23回目の優勝を達成し、最多優勝記録を更新した。1区・茂木でトップと10秒差の9位につけると、1946年創部以来初の外国人選手の2区・キプヤティチが先頭に立ち、そのまま譲らなかった。3区・市田孝、5区・村山謙、6区・市田宏が区間賞だった。(2面に7区・鎧坂の「ひと」)

 2位は過去最高タイのHondaで、2年ぶりの優勝を狙ったトヨタ自動車は3位。4位にトヨタ自動車九州…

この記事は有料記事です。

残り2609文字(全文2918文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
  2. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
  3. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  4. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円
  5. マレーシア機撃墜 親露派地域から発射 中間報告

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]