メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝

旭化成、新黄金時代 最多23回目V

 連覇した名門が完全復活を印象づけた。群馬県で1日に行われた「ニューイヤー駅伝inぐんま 第62回全日本実業団対抗駅伝競走大会」は、1946年の創部以来初の外国人選手を加えた旭化成が23回目の栄冠を手にした。1区の茂木がトップと10秒差の9位につけると、2区でキプヤティチが先頭に立ち、そのまま譲らなかった。3区・市田孝、5区・村山謙、6区・市田宏が区間賞だった。

 2位は過去最高タイのHonda、トヨタ自動車が3位、4位にトヨタ自動車九州、5位に富士通と続いた。…

この記事は有料記事です。

残り2748文字(全文2980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  4. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです