メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国・北朝鮮

連絡チャンネル再開 南北交流、活発化目指す 韓国、平昌五輪テコに

 【ソウル大貫智子、米村耕一】韓国と北朝鮮による南北連絡チャンネルが約1年11カ月ぶりに開通したのを受け、韓国では南北関係改善への期待感が高まっている。2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪の北朝鮮参加実現に続き、さまざまな交流を活発化させたい考えだ。

 「韓国側がまず発言し、北朝鮮側が対応した」。韓国統一省関係者は3日午後3時半から約20分間行われた連絡チャンネルでのやりとりについて、自己紹介した冒頭から詳細に説明し、連絡再開の興奮をにじませた。

 今年の旧正月は五輪期間に重なることもあり、韓国政府は南北離散家族再会事業についても改めて呼び掛けを…

この記事は有料記事です。

残り986文字(全文1259文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. アメフット 関学監督と選手父コメント 日大選手会見受け
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]