メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

五輪くじって? 収益金を輸送、警備費に 大会経費抑制に一役=回答・芳賀竜也

 なるほドリ 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、宝くじが販売されていると聞いたよ。

 記者 「東京2020大会協賛(きょうさん)くじ」のことですね。大会経費(けいひ)をまかなうために、これまでに計2回発売されました。

 Q どうして、宝くじなの?

 A 東京大会では、東京都以外の自治体でも競技が行われます。輸送(ゆそう)や警備(けいび)などの経費は約350億円と試算されていますが、この費用を都が負担するのか、競技が開催される自治体が負担するのかで、もめていました。そこで宝くじを販売し、その収益金を費用に充てることで、都も自治体も負担しなくてもよい仕組みを作りました。ただし、2回の宝くじの売り上げでは、350億円のうちの20億円しかまかなえま…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文816文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  4. セブン-イレブン 100円生ビールをテスト販売へ
  5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]