メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第1部・プラハの春/下 対露、世代間に「断層」

チェコの将来について語る「ANO」青年組織議長のジリ・ティル氏(左)と祖母のニコリンカ・オパルコバさん=チェコ東部オストラバで2017年12月28日午後1時26分、三木幸治撮影

 「この20年間、チェコは何一つ変わらなかった。汚職を減らして行政を効率化し、所得を増やさなくてはいけない。国民は変化を求めている」。チェコの新興政党「ANO2011」の青年組織議長、ジリ・ティル氏(27)は、既成政党への不満の受け皿になっているANOの人気をそう解説する。

 ANOは、食品やメディアなど多数の企業を経営し「チェコのトランプ(米大統領)」と呼ばれる実業家、アンドレイ・バビシュ氏(63)が2011年に創設。17年10月の下院選で既成政党に勝利し、バビシュ氏は12月に首相に就任した。

 「企業のように国を運営する」が党のスローガンで、理念より実益を重視。親欧州連合(EU)の立場だが、…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1325文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  3. 狛江市 市長が辞意を正式表明 セクハラ、被害者に謝罪へ
  4. 火災 住宅全焼、1人死亡 不明の10歳長男か 埼玉
  5. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]