メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第1部・プラハの春/下 対露、世代間に「断層」

チェコの将来について語る「ANO」青年組織議長のジリ・ティル氏(左)と祖母のニコリンカ・オパルコバさん=チェコ東部オストラバで2017年12月28日午後1時26分、三木幸治撮影

 「この20年間、チェコは何一つ変わらなかった。汚職を減らして行政を効率化し、所得を増やさなくてはいけない。国民は変化を求めている」。チェコの新興政党「ANO2011」の青年組織議長、ジリ・ティル氏(27)は、既成政党への不満の受け皿になっているANOの人気をそう解説する。

 ANOは、食品やメディアなど多数の企業を経営し「チェコのトランプ(米大統領)」と呼ばれる実業家、アンドレイ・バビシュ氏(63)が2011年に創設。17年10月の下院選で既成政党に勝利し、バビシュ氏は12月に首相に就任した。

 「企業のように国を運営する」が党のスローガンで、理念より実益を重視。親欧州連合(EU)の立場だが、…

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1325文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです