メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018年の日本経済の懸念材料は?

 毎日新聞が主要121社を対象に行ったアンケートでは、日本経済の懸念材料として、米国や中国など海外経済の先行きを挙げる意見が目立った。消費低迷や労働力不足が下押し要因になるとの見方も根強い。先行き不透明感から賃上げには慎重だが、ITの活用や働き方改革の推進など、事業環境の変化に積極的に対応しようとする姿がみてとれる。

 2018年の日本経済の懸念材料(最大三つまで回答可)は「米国経済の先行き」が41%(50社)と最多…

この記事は有料記事です。

残り3057文字(全文3266文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おやつカンパニー ベビースターラーメンアイス29日発売
  2. アメフット 「謝っても謝りきれない」日大学長が会見
  3. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  4. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  5. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]