メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018年の日本経済の懸念材料は?

 毎日新聞が主要121社を対象に行ったアンケートでは、日本経済の懸念材料として、米国や中国など海外経済の先行きを挙げる意見が目立った。消費低迷や労働力不足が下押し要因になるとの見方も根強い。先行き不透明感から賃上げには慎重だが、ITの活用や働き方改革の推進など、事業環境の変化に積極的に対応しようとする姿がみてとれる。

 2018年の日本経済の懸念材料(最大三つまで回答可)は「米国経済の先行き」が41%(50社)と最多…

この記事は有料記事です。

残り3057文字(全文3266文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです