メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2018 座談会(その1) 被害者報道、実名か匿名か

開かれた新聞委員会に臨む(左から)吉永みち子、池上彰、荻上チキ、鈴木秀美の各委員=東京都千代田区で

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件は、容疑者がツイッターを通じて被害者に接触したと見られ、ネット社会の盲点をあぶり出すと共に実名・匿名報道、自殺関連記事の扱い方などの問題を提起しました。インターネット社会も進む中、これからどのような報道を心がけたらよいでしょうか。今年の報道に期待することも含めて「開かれた新聞委員会」で議論しました。【司会は照山哲史「開かれた新聞委員会」事務局長、写真は丸山博】

この記事は有料記事です。

残り4063文字(全文4271文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]