メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2018 座談会(その1) 被害者報道、実名か匿名か

開かれた新聞委員会に臨む(左から)吉永みち子、池上彰、荻上チキ、鈴木秀美の各委員=東京都千代田区で

 神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件は、容疑者がツイッターを通じて被害者に接触したと見られ、ネット社会の盲点をあぶり出すと共に実名・匿名報道、自殺関連記事の扱い方などの問題を提起しました。インターネット社会も進む中、これからどのような報道を心がけたらよいでしょうか。今年の報道に期待することも含めて「開かれた新聞委員会」で議論しました。【司会は照山哲史「開かれた新聞委員会」事務局長、写真は丸山博】

この記事は有料記事です。

残り4063文字(全文4271文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  3. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も
  4. 「ポスト安倍」 足場作り模索 「選挙考えれば本命」と進次郎氏への期待も
  5. ORICON NEWS 今田美桜、今年ブレイクの1年振り返る インスタフォロワー10倍に「びっくりです」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです