メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト

石綿患者の実態調査 救済制度見直し材料に 環境省

 環境省は、石綿健康被害救済法で認定した患者の療養生活などを把握するため初の大規模調査を始めた。中皮腫など石綿関連病は潜伏期間の長さや急激な進行から介護や医療ケアの難しさが指摘され、療養中の認定患者約1000人の体調や通院・介護の状況などを調べる。労災が適用されない環境暴露などの被害者を対象にした救済法施行から10年余りたち、将来の制度見直しの参考材料とする。

 調査は同省が制度の窓口である独立行政法人・環境再生保全機構に委託し、昨年7月現在の認定患者と一部の…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文456文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]