メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幹事長会談

民進と希望 統一会派結成への協議継続を確認

 民進党の増子輝彦、希望の党の古川元久両幹事長は3日、名古屋市内で会談し、統一会派結成に向けた協議を継続することを確認した。増子氏は「安全保障法制の違憲部分を削る」など5項目の条件を説明。古川氏は「党内で検討する」として持ち帰った。両氏は来週初めに再協議する。

     古川氏は会談後「安倍1強政治に対して国会で連携を強める必要性で一致した」と記者団に語った。増子氏は「(立憲民主党を含めた)3党で一緒に統一会派を作りたい。立憲には協議を改めて申し入れる」との考えを重ねて示した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS YOSHIKI、引退小室と話し安堵「またいつか一緒に音楽を創作しましょう」
    2. ORICON NEWS 『仮装大賞』史上初の0点出た 39年目の珍事に欽ちゃん・香取も驚き「新しくなった」
    3. 福井の男児遺体 12月から不明の田中蓮ちゃんと確認
    4. 中国 春節切符争奪、スマホ販売大半 あきらめの農民工も
    5. 米人気歌手 トム・ペティさん、死因は薬物過剰摂取

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]