メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南北チャンネル再開

米は「米韓分断工作」を警戒

 【ワシントン高本耕太、ニューヨーク國枝すみれ】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が韓国と南北対話を急速に進めていることについて、米国は当面静観する姿勢を示しつつ、「米韓分断工作」を警戒している。

 トランプ米大統領は2日夜、金委員長が新年の辞で「核のボタンが私の机の上に常にある」と米国を威嚇したことに対し、自身のツイッターで「私も核のボタンを持っている。ただ、より大きく強力で、しっかり作動する」と対抗した。別の投稿では、北朝鮮が韓国に対話を提案したことについて「制裁などの圧力が大きな効果を出し始めた…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文652文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]