メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はかた伝統工芸館

ちょうネクタイ姿も 犬の博多人形展

博多人形師らが制作したさまざまな犬が並ぶ展示会=福岡市博多区のはかた伝統工芸館で2018年1月3日午後1時27分、遠山和宏撮影

 博多人形師らが制作した犬をテーマにした作品展が、福岡市博多区のはかた伝統工芸館で開かれている。約20人の作家による約50点を展示販売しており、9日まで。

     伝統工芸を身近に感じてもらおうと、博多織や博多張子の作家らも作品を出展。ちょうネクタイや化粧まわしをした犬や、犬の着ぐるみ姿の子供の人形などが並んでいる。

     戌(いぬ)は今年のえと。縁起物だけあって「元日に売り切れたものもありました」と工芸館の担当者。作家の心がこもったオンリーワンの作品が来館者を楽しませている。【遠山和宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
    2. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破
    3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    4. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田
    5. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]