メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋港水族館

猛毒注意 フグだけど犬顔のコクテンフグ

顔が犬に似ているとされるコクテンフグ=名古屋市港区の名古屋港水族館で2018年1月3日午前11時12分、三浦研吾撮影

 正月休みの3日、名古屋市港区の名古屋港水族館では、「犬顔のフグ」と呼ばれるコクテンフグを特別公開するなど、2018年のえとの「戌(いぬ)」にちなんだ展示を行い、多くの家族連れでにぎわった。正月用の展示は8日まで。

 コクテンフグは、沖縄以南の南方でサンゴ礁などに生息する。体に黒い斑点があり、犬のような顔つきが特徴だ。同館の飼育担当者は、「顔はかわいらしいが、猛毒を持っている。ぜひ見にきてほしい」と話す。

 他にも人気の熱帯魚、カクレクマノミの水槽には鏡餅と犬の置物が入れられた。昨年5月にふ化した約50匹が犬や餅の周囲を泳ぎ、来場者らは珍しそうに眺めていた。

 祖父と2人で一宮市から訪れた堀切珠莉菜(じゅりな)さん(6)はコクテンフグを見て「犬みたいな顔でかわいかった」とカメラで撮影。岐阜県瑞穂市から家族4人で訪れた鳥居咲良(さら)ちゃん(2)は水槽の鏡餅に笑顔を見せ、「(カクレクマノミが)好き」と楽しそうだった。【三浦研吾】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  2. 受刑者逃走 なぜ捕まらないのか 2週間、延べ1万人投入
  3. 大阪ミナミ アメ村 防犯カメラ全81台、苦渋の撤去へ
  4. 暴行容疑 演説中の市議殴打、大学生逮捕 愛知・豊橋
  5. 羽生結弦 仙台市であす祝賀パレード 予想12万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]