メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校サッカー

長崎総合勝因は強さ、激しさ 青森山田破る

 ○長崎総合科学大付1-0青森山田●(3日・全国高校選手権3回戦)

     前半25分、長崎総合科学大付の先制点は、エース安藤の力強いプレーから生まれた。

     中盤やや左でボールを受けると、青森山田ゴールへドリブルを開始。鋭い切り返しで2人をかわすと「ゴールが見えたら打つと決めていた」と、右足からのシュートが決まった。これで今大会3試合連続の3点目。

     身長171センチだが、がっしりとした体格。体の強さは入学したときからだと小嶺監督は言う。馬力を生かして前へ進むプレーについて「ファウルになることも多いので無理するなというコーチもいるが、彼の取りえはシュート。無理してもいい。(相手からの)プレッシャーを抜けられれば一流になれる」と小嶺監督。安藤の良さを消さないように自由にプレーさせている。

     安藤に象徴される強さ、激しさが長崎総合科学大付の勝因。正確なボールコントロールから攻撃を組み立てる青森山田のリズムを、前半から狂わせた。後半、何度となくあったピンチも一瞬、相手より早くボールに足を出す集中力と、青森山田のシュートミスもあって耐えきった。

     次は流通経大柏が相手。安藤は警告累積で出場できない。対策を聞かれて小嶺監督は「今晩は寝られません」。流通経大柏の本田監督の70歳に対し、大会6度の優勝を誇る小嶺監督は72歳。「老人会」と小嶺監督は冗談を飛ばしたが、勝負師の頭の中はフル回転しているはずだ。【斉藤雅春】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
    2. JAL 自ら選んだ男性CAの道「男女に関係なく志望を」
    3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
    4. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
    5. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]